無量光寺

iconjal

無量光寺

鎌倉時代、諸国遊行し、念仏を広めた一遍上人。当寺は上人が遊行の途中、妙見菩薩のお告げにより相模川を渡った景勝地を修行の場に定めたことによる。本尊は上人自身が彫ると伝わる「木造一遍上人立像」。江戸時代初頭に建設された高麗門という形式の山門や、江戸後期に伊豆や関東に念仏を広めた紀州生れの僧、徳本の念仏塔も必見。

一遍念仏修行の地

〒252-0336 神奈川県相模原市南区当麻578

TEL:042-778-0284

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です