Home イベント情報 『昭和の目撃者 林忠彦VS土門拳』(4/19〜7/17)

『昭和の目撃者 林忠彦VS土門拳』(4/19〜7/17)

ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦と土門拳。本展は、戦時体制下、そして敗戦の混乱期から力強く立ち上がっていく日本人の姿を活写した二人の写真家の足跡を”対決”風に辿ります。代表作とともに同じ被写体をどう捉えたか、その違いにもご注目下さい。

関連施設

土門拳記念館

土門拳記念館bnrjal

土門拳記念館

当館は日本最初の写真専門の美術館。1974年に酒田市名誉市民第1号となった土門拳は自分の全作品を郷里酒田市に贈った。酒田市は1983年土門拳記念館を設立。記念館は飯森山公園の中に佇み、美しい自然林と丘を背景とする。土門拳は「絶対非演出の絶対スナップ」を信条に、日本の美、日本人の心を写し切った写真家。

土門拳記念館

〒998-0055 山形県酒田市飯森山2-13

TEL:0234-31-0028

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です