Home イベント情報 ミュ–ジアムレター・「最後の江戸っ子 岡本綺堂・経一の仕事」展(10/1〜10/27)

ミュ–ジアムレター・「最後の江戸っ子 岡本綺堂・経一の仕事」展(10/1〜10/27)

勝央長の作家で捕物帳の祖と言われる「半七捕物帳」を書いた岡本綺堂の没後80年と、綺堂の養嗣子で勝央町出身の出版人岡本経一の生誕110年を記念して展覧会を開催します。当館が所蔵する二人の関連の資料、著書や草稿、テレビドラマの脚本など約70点を展示。東京がまだ江戸と呼ばれた頃の姿を瑞々しく物語に描いた綺堂と、綺堂の業績を後世にきちんと残すことに生涯を費やした経一の仕事ぶりを改めて紹介します。また、記念演劇公演や朗読会も開催します。

勝央美術文学館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です