Home イベント情報 特別公開『金峯山寺仁王門 金剛力士立像―奈良・金峯山寺所蔵―』 (2/23〜仁王門修理完了まで(令和10年度予定)

特別公開『金峯山寺仁王門 金剛力士立像―奈良・金峯山寺所蔵―』 (2/23〜仁王門修理完了まで(令和10年度予定)

奈良県吉野町に位置する金峯山寺の重要文化財 木造金剛力士立像2軀を、特別公開いたします。この金剛力士像は、金峯山寺仁王門(国宝)に安置される像高5メートルに達する巨像で、彫刻部門の指定品の中では東大寺南大門像に次いで2番目に大きい像です。像内の銘文より南北朝時代の延元3年(1338)から翌年にかけて南都大仏師康成によって造られたことがわかっています。同像は令和元年(2019)の夏に仁王門の修理のために搬出され、当館の文化財保存修理所へと移動し、現在保存修理が進められています。保存修理は年内に完了いたしますので、なら仏像館にて展示公開することとなりました。

関連施設

奈良国立博物館

iconjalgotokyo_online

奈良国立博物館

奈良国立博物館は、1895(明治28)年に帝国奈良博物館として開館 。なら仏像館(旧本館)は開館当初の建築で、宮廷建築家片山東熊の設計。年一回(秋)の正倉院展の会場でもあり、仏教美術を中心に貴重な文化財を展示紹介。少年のような可憐な表情をもつ十一面観音像。承久3(1221)年仏師善円の造立で、春日大社の本地仏として制作されたと思われる。

善円作 十一面観音立像

日本では、神道の神々と仏教の尊仏への崇拝と密接に結びつき、神仏習合と呼ばれた。

〒630-8213 奈良市登大路町50番地

TEL:050-5542-8600(NTTハローダイヤル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です