Home 文化施設 庶民の美 関東 埼玉 入間市博物館 ALIT お茶の博物館

入間市博物館 ALIT お茶の博物館

iconjal

入間市博物館 ALIT お茶の博物館

関東平野と山地との境にあたり広大な茶畑が広がる加治丘陵の森。当館は常設展示室で加治丘陵の森を再現したジオラマ、大陸から渡り入間川で発見された150万年前のアケボノゾウの足跡化石等で、入間の自然環境や歴史を紹介する。お茶の展示室では、世界の喫茶風景や日本の茶の歴史と文化、地元狭山茶を紹介。実物大の利休の茶室もある。

お茶の展示室

〒358-0015 埼玉県入間市二本木100

TEL:04-2934-7711

東博百選

凱風快晴 葛飾北斎筆

東京国立博物館

iconjal

凱風快晴 葛飾北斎筆

主に晩夏から初秋にかけて、早朝に富士山が朝日に染まって起こる現象の赤富士を、西洋から取寄せたベルリアンブルー=「ベロ藍」の顔料が際立たす葛飾北斎の名作。西洋絵画から立体描写を学んだ北斎が、木版画浮世絵で平面に豊かな色彩の組み合わせで奥行きを描く。光を色彩であらわし遠近を描く西洋の印象派に影響を与える。

凱風快晴 葛飾北斎筆

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

TEL:03-3821-9270(総務課)

畿内七道

芦ノ湖

iconjal

芦ノ湖

3005年前縄文時代の水蒸気爆発と火砕流が山崩れし、鍋状の窪みをつくり水が湧き、特別な芦ノ湖の景観が生まれた。だから芦ノ湖は雨水が溜まったカルデラ湖ではなく、水源の大部分が湖底からの湧き水である。ここに神話の謂れがある。箱根関所、元箱根、湖尻、箱根園を定期航路で結ぶ遊覧船。富士も太古も遠望できる。

遊覧船

〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根45-3

TEL:0460-83-6351

千夜千冊

この国のかたち

この国のかたち司馬が求めた「この国のかたち」には、答えはなかった。しかし日本の見方はとりわけ神道的なものを重視し、これを「真水」とみなす。それは教義などはもっていないで、本居宣長ふうにいえば、日本の神奈備が真水なのである。若返る若水を何度ものめるところ。

文責:旅鶴編集室

千夜千冊

司馬遼太郎
文藝春秋(文春文庫)

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です