Home イベント情報 『難波をうたう ー万葉集と考古学ー』(10/2〜12/5)

『難波をうたう ー万葉集と考古学ー』(10/2〜12/5)

本展は、日本最古の歌集『万葉集』をひも解きながら、発掘調査で明らかにされた建物跡や祭祀の場、当時の暮らしや儀礼で用いられていた様々な出土品を手掛かりにして古代の難波に迫ります。
考古資料と万葉集・古代史の出会いによって生み出される古代大阪の新たな世界をご覧ください。

Tabizuru

関連施設

大阪歴史博物館

iconjalgotokyo_online

大阪歴史博物館

大阪城に隣接する当館では、天下の台所と呼ばれた江戸時代の大坂、昭和の華やかな大大阪を紹介。そして発掘され保存される難波宮跡を地下で見学できる。当館が建つ上町台地の東北の巨大な河内湖は縄文・弥生・古墳時代にかけて堆積平野に転換し、大陸・半島文明が渡来してくる。当館で古代の地理と歴史の転換を実感できる。

難波宮大極殿の復元

〒540-0008 大阪市中央区大手前4-1-32

TEL:06-6946-5728

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です