Home 文化施設 近代の美 関東 千葉 国立歴史民俗博物館 —くらしの植物苑

国立歴史民俗博物館 —くらしの植物苑

iconjal

くらしの植物苑

当苑は、博物館の南東に位置する旧佐倉城の一郭に、冠木門から入り、江戸期の武家屋敷の庭先からの山野をイメージして設計されている。苑内には食物のビワ、ウド、クルミ、紙を漉くシナノキ、フジ、染めるクチナシ、クワ、ベニバナ、薬用のナンテン、イチョウ、ドクダミ、道具用のシラカシ、ケヤキ、ヘチマ、塗装や接着・燃料のマツ、ウルシ、エゴマを分けて植栽する。—自然と美と共生する、日本文化。

くらしの植物苑

〒285-8502 千葉県佐倉市城内町 117

TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)

東博百選

国立歴史民俗博物館

iconjal

変化朝顔図

当館は、歴史学・考古学・民俗学の調査研究の発展、資料公開による教育活動の推進を目的に、1981年に設置された研究機関。自然と美と共生する、日本文化 — あさがほ叢(そう)1817(文化14)年 、江戸で最初に刊行された朝顔図鑑。朝顔流行の経緯と作り方のマニュアルに加え、100図の美しい彩色図を収録。 江戸文化・文政期(1804-30年)に朝顔の突然変異を利用した変化朝顔を競い合うことが大坂・京都・江戸で流行。嘉永・安政期(1848-60年)には、周辺の都市・町に広がる。19世紀後半、都市の武士や富裕な町人、僧侶に「奇品」の育成がブーム。明治・大正期の奇花・奇葉を楽しむ変化朝顔ブームにつながる。

変化朝顔図

〒285-8502 千葉県佐倉市城内町 117

TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)

畿内七道

仙巌園

iconjal

仙巌園

当庭は島津家の19代当主・島津光久が建てた薩摩藩主島津家の別邸。島津家の28代当主、島津斉彬(1809-1858)が大いに愛した。第13代将軍徳川家定の御台所となった篤姫など多くの人を魅了した。伝統的な大名庭園で、錦江湾と活火山の桜島の絶景が一望できる。そして島津家の歴史を伝える。斉彬は西欧列強のアジア進出に危機感を抱き、別邸仙巌園の隣接地に、大砲を作る反射炉やガラス工場等、西洋式近代工場群を建設。鶴灯篭に日本初のガス灯も灯す。そして園内には、幕末に近代化に取り組んだ斉彬や幕府老中・阿部正弘が、改良や研究に熱心に取り組んだと園芸史に伝えられる変化朝顔が今も残る。

仙巌園

〒892-0871 鹿児島市吉野町9700-1

TEL:099-247-1551

千夜千冊

日本創業者列伝

日本創業者列伝明治2年、横浜に書籍や医薬品を輸入販売する丸屋商社が設立され、福沢諭吉に学んだ創業者早矢仕(はやし)有的(ゆうてき)は、「日本人であるかぎりは日本全体の繁栄をはかり、日本国民の幸福を助成すべき責務がある」との設立趣意書を残した。それが今の丸善となる。

文責:旅鶴編集室

千夜千冊

高橋崇
中央公論社(中公新書)

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です