赤城神社

iconjal

赤城神社

関東平野北端の赤城山は、3万年以上前の旧石器、縄文時代より緑豊かな山並みは、人々の心を支え、頂きの湖から流れ出る水は、赤城山南麓の生活の基盤だった。大沼湖畔の赤城神社は、赤城大明神と赤城山と湖の神様を祀り、9世紀朝廷より官位・神階が授けられ、神社域を赤城山全体に広げ日本を代表する名神大社(延喜式)となる。古来と日本の歴史が習合する。

赤城山路

〒371-0101 群馬県前橋市富士見町赤城山 4-2

TEL:027-287-8202

東博百選

埴輪 腰かける巫女 群馬県大泉町古海出土

東京国立博物館

iconjal

埴輪 腰かける巫女 群馬県大泉町古海出土

やや高い椅子台部の形状から古墳時代後期、6世紀前半ころと思われる。袈裟(けさ)状衣と呼ばれる女子像特有の着衣表現をもち、襷(たすき)を掛け、腰には三角文の幅広の帯をつけ、左腰には五鈴鏡(ごれいきょう)と三角文を配した袋を下げている。椅座等の表現をもつ人物埴輪は、通常男女が組で群像の場面を構成。本例も対になる男子像があったと思われる。

埴輪 腰かける巫女 群馬県大泉町古海出土

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

TEL:03-3821-9270(総務課)

畿内七道

群馬県立歴史博物館

iconjal

群馬県立歴史博物館

群馬県高崎市の多胡碑、栃木県大田原市の那須国造碑、宮城県多賀城市の多賀城碑は、「日本三古碑」と称され江戸時代より広く顕彰・保存されてきた。歴史・考古・書道などの各分野にわたって第一級資料として研究され、7~8世紀にかけての古代律令国家の形成及び発展期の所産として、東国支配の確立や中国・朝鮮半島との関わりなどを解明する上で貴重な手がかりとなっている。東北歴史博物館では、多賀城跡の模型や出土品とともに、特別史跡多賀城跡指定地内の南門近くの碑堂に保存されている多賀城碑のレプリカを見ることができる。

日本三古碑 多胡碑・那須国造碑・多賀城碑

〒370-1293 群馬県高崎市綿貫町992-1 (群馬の森公園内)

TEL:027-346-5522 

千夜千冊

延喜式

延喜式醍醐天皇がてがけ延長5年(927)に完成した律令制度最後の施行細則、延喜式50巻3300条。本書がはじめて研究する。「節会」の基本や外交特使を送迎の格式や、官社の式内社を、祭神の数3132座、社の数の2861処とすることなどが決められた。遣唐使が持ち帰った律令制度『唐六典』が、日本の有職故実となる。

文責:旅鶴編集室

千夜千冊

虎尾俊雄
吉川弘文館

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です