Home 文化施設 古代の美 山梨 関東 富士吉田市歴史民俗博物館

富士吉田市歴史民俗博物館

iconjal

富士吉田市歴史民俗博物館

当館は、富士山北麓地方の火山性扇状地で、人が自然と共に暮らした歴史を、原始古代から現代まで紹介する。劣悪な土壌と高冷地。各村が林野や農業用水の利用で助け合いながら結び付き、織物生産や流通を通じて発展する。また噴火する富士山への信仰が山岳仏教と習合し、中世から近世にかけ信仰登山の宿坊の里として発展する。

絆

〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田2288-1

TEL:0555-24-2411

東博百選

土偶(左前)山梨県御坂町上黒駒出土

東京国立博物館

iconjal

土偶(左前)山梨県御坂町上黒駒出土

春の桃の花まつりで有名な山梨県笛吹市(ふえふき)で出土した、奇怪な顔と形をした半身の土偶である。目尻が鋭く吊り上がり、人の顔というより獣面に近い。この顔の表現は、中部高地や関東地方西部の中期の土器の人面把手に共通する。また胸に当てられた左手の三本指の表現も、この時期の土器につけられる人体および動物装飾にみられる。

土偶(左前)山梨県御坂町上黒駒出土

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

TEL:03-3821-9270(総務課)

畿内七道

山梨県立博物館

iconjal

山梨県立博物館

当県には今から約700万年前、ふたつの海峡的な海が広がる。桂川沿い「古桂川海峡」と富士川沿い「古富士川海峡」。当館メインゲート脇に展示の砂岩の塊は、当時の富士川海峡に堆積したもの。海峡にクジラやサメ、イワシ、海岸に貝やウニの生物が住んでいたことを、身延町小原島で発見されたこの砂岩の塊の化石が示す。

ふたつの海峡

〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1

TEL:055-261-2631

千夜千冊

日本史の誕生

日本史の誕生『万葉集』巻一冒頭で、雄略は英雄であって人間であることをあらわす。実像がきわめて鮮明な日本史誕生の母型をもった最初の大王。河内王朝が大きな頂点を迎え、そして象形された日本の母型のひとつは、東アジア社会のストリームとは決して無縁ではなかった。

文責:旅鶴編集室

千夜千冊

岡田英弘
弓立社(叢書 日本再考)

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です