熱田神宮

iconjal

熱田神宮

樹齢千年を越える大楠が広大な敷地に宿る宝物館。約6000点の奉納品が、1900年もの当宮への長き信仰の歴史を今に伝える。信長は桶狭間の戦勝を祈願し、凱旋後感謝の土塀を贈る。江戸時代、徳川御三家尾張藩の信仰の篤さは、渡辺清筆の花鳥図屏風が伝える。その華麗さは、京都御所の襖絵も描いた土佐光起からの伝統。

文化殿

〒456-8585 愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1

東博百選

志野茶碗 銘 振袖

東京国立博物館

iconjal

志野茶碗 銘 振袖

形、釉(うわぐすり)、景色とも揃う志野の名碗。半筒形茶碗は天正年間(1573-1592)後半に流行した。古格を脱し口作りに山路風の変化つけ、胴には少し張りを、粘土を貼り付けた無雑作な椎茸高台(しいたけこうだい)など、随所に作意を加え時代の自由な気分が表れる。柔らかい百草土に鬼板(おにいた)を塗り、白い志野釉を通して鮮やかな緋色(ひいろ)に鉄絵が描かれる。

志野茶碗 銘 振袖

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

TEL:03-3821-9270(総務課)

畿内七道

岐阜県美術館

iconjal

岐阜県美術館

六曲一双屏風に描かれる柔らかい輝きの中に老松にとまる若い鷹。裏地の金色に墨の枝で描かれた老若の生命の対比が美しい。京都府画学校を創設した幸野楳嶺、橋本雅邦、岡倉天心に従った川合玉堂は、愛知に生まれ、岐阜に育つ。当館は、玉堂はじめ山本芳翠や近代日本美術史に重要な足跡を残す岐阜ゆかりの作家作品を収集。

「老松蒼鷹」 川合玉堂

〒500-8368 岐阜市宇佐4‐1‐22

TEL:058-271-1314

千夜千冊

この国のかたち

この国のかたち司馬が求めた「この国のかたち」には、答えはなかった。しかし日本の見方はとりわけ神道的なものを重視し、これを「真水」とみなす。それは教義などはもっていないで、本居宣長ふうにいえば、日本の神奈備が真水なのである。若返る若水を何度ものめるところ。

文責:旅鶴編集室

千夜千冊

司馬遼太郎
文藝春秋(文春文庫)

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です