天赦園

iconjal

天赦園

当園は、海を埋め立て造成した浜御殿の一部を、幕末の慶応2(1868)年、7代藩主伊達宗紀が、鬼ヶ城連峰を借景に池泉回遊式の庭園を築庭したもの。伊達家の祖先である藤原氏に因み多くの藤が植えられている。名の由来は、伊達政宗晩年の詩の、『残躯は天の赦す所 楽しまずして是を如何せん』。幕末の見識ある藩主の覚悟が見える。

白藤太鼓橋

〒798-0006 愛媛県宇和島市弁天町1丁目318-16

TEL:0895-22-3934

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です