植田正治写真美術館

iconjal

植田正治写真美術館

中国地方最高峰大山(だいせん)は別名「伯耆(ほうき)富士」。小爆発や侵食・崩落で形成した長さ2kmの屏風型岩肌北壁は荒々しく男性的。奈良期「出雲国風土記」に大神岳や火神岳と記され崇敬された。植田は鳥取生まれの世界的写真家。生地・境港市を離れず、山陰の空・地平線・砂丘を背景に、被写体をオブジェのように配置した演出を確立。

大山と植田正治写真美術館

〒689-4107 鳥取県西伯郡伯耆町須村353-3

TEL:0859-39-8000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です