三徳山三佛寺

iconjal

三徳山三佛寺

当山は役行者開山以来1300年の歴史ある修験の山で、山自体が三徳山三佛寺境内。中腹の断崖には役行者が法力をもって断崖に投げ入れたと伝わる国宝・投入堂。檜皮葺き屋根は切妻屋根正面の軒を伸ばした流造で軽快な反り、西面に高欄付きの縁をめぐらし、多様な柱が堂を支える。入山には届けを出し袈裟(貸与)の着用が必要。

国宝 投入堂

〒682-0132 鳥取県東伯郡三朝町三徳1010

TEL:0858-43-2666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です