信州新町化石博物館

iconjal

信州新町化石博物館

地質学者ナウマンが名付けたフォッサマグナは、大きな割れ目で本州の真中に広がる大地溝帯。当地はその北部地域で約500〜400万年前、日本海に面する大きな湾の底。海上、岸、海底の化石が産出する。当館では、三葉虫等の「古生代」恐竜が繁栄の「中生代」人類が誕生の「新生代」の化石を時代毎に紹介する。

フォッサマグナの記憶

〒381-2404 長野市信州新町上条88-3

TEL:026-262-3500

東博百選

長野市立博物館

iconjal

長野市立博物館

白鳳期飛鳥仏の面影を残す小金銅仏像、銅造観音菩薩立像。長野市吉字山千寺に伝わる当像は、高さ29.7cm、7世紀後半の作像で、長野県松川村の銅造観音菩薩半跏像と共に県下で最も古い。顔の表情と口元にたたえた笑み、衣文の形に飛鳥仏の面影。当館は、長野盆地の自然やひととのかかわり、祈りをわかりやく紹介する。 —銅造観音菩薩立像は期間限定公開。

銅造観音菩薩立像

〒381-2212 長野市小島田町八幡原史跡公園内

TEL:026-284-9011

畿内七道

信州新町美術館

iconjal

信州新町美術館

長鳴き鶏のごとく朝日に声あげる。外次郎は、昭和8(1933)年33歳で、巨匠ブールデルの作品に学ぶためにパリへ留学。帰国後、生涯にわたり「彫刻の生命は構築である」といい続ける。当館のある長野市信州新町は、約500~400万年前は海の底で、海底の化石が出る。小さな村の特色ある美術館を目指し、所蔵作品2600点に至る。

東天紅 松村外次郎

〒381-2404 長野市長野市信州新町上条88-3

TEL:026-262-3500

千夜千冊

日本・現代・美術

日本・現代・美術作者椹木には、前衛とナショナリズムとを、また芸術と犯罪とを、同じロゴスで語れている感覚が批評的にあるかもしれない。またこれは単なる印象を言うにすぎないが、こうした視点にかかわらず椹木にはなんだか「古風」や「風儀」を読みとる能力が生きている。

文責:旅鶴編集室

千夜千冊

椹木野衣
新潮社

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です