藤原啓記念館

iconjal

藤原啓記念館

備前焼は江戸時代、磁器に押され低迷。再び国内外で人気を高め繁栄に導いたのは、人間国宝金重陶陽であった。陶陽を師とした藤原啓は40歳で陶芸の道に入ったひと。当記念館は、文学・俳句に熱中し、人生を知ろうと思想の放浪をした人間国宝藤原啓の中にあった備前なるもの、堂々とし否定しがたい存在まで極める美、にせまる。

藤原啓の軌跡

〒705-0033 岡山県備前市穂浪3868

TEL:0869-67-0638

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です