夕立受山

iconjal

夕立受山

山と海が急緩の景観を重ね、雨乞いの千貫焚(せんがんだき)で夕立があった夕立受山を見下ろす片上大橋からの遠望が素晴らしい。荘園を基盤とする公家・寺社・武家の権門体制が確立し、美の規範、唐物荘厳の世界がまた確立する室町時代に、現実に中国・宋、明の文物が九州・博多から畿内・堺に向けてこの橋から見下ろす海道で運ばれた。

片上大橋

〒705-0022 岡山県備前市東片上126

TEL:0869-64-3301(備前市商工観光課)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です