吉野神宮

iconjal

吉野神宮

当宮は、明治22(1889)年創建で後醍醐天皇を祭神とする。約2万7千坪の境内から西方に金剛・葛城山、東方に高見山を望む。本殿は後醍醐天皇が還幸を熱望した京都の方角を向き、社殿は近代神社建築を代表する総檜造。北面する流造(ながれつくり)の本殿、入母屋造の拝殿、切妻造の神門等、まさに輪奐(りんかん)の美を極める。国登録有形文化財。

広大で立派な輪奐の美

〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山3226

TEL:0746-32-3088

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です