名勝 仙巌園

iconjal

仙巌園

万治元年(1658)、島津家19代光久によって築かれた島津家の別邸。28代斉彬もこよなく愛し、篤姫など多くの人を魅了した美しい大名庭園で、桜島の雄大な景色を望むことが出来る。斉彬は、欧米諸国のアジア進出に危機感を抱き、日本初の工場群を築いた。園内には、斉彬がガス灯の実験に用いたとされる鶴灯籠や、島津家の歴史を感じさせる様々な史跡が残る。そして江戸期薩摩藩主島津斉彬や幕府老中・阿部正弘も変化朝顔の品種の改良や研究に熱心に取り組んだと園芸史に伝えられる変化朝顔も。

仙巌園

〒892-0871 鹿児島市吉野町9700-1

TEL:099-247-1551

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です