不動院

iconjal

不動院

当院金堂内安置の本尊薬師如来像は、平安時代和様の定朝様式である。関が原の後、広島藩藩主福島正則寄進の両界曼荼羅、金剛界曼荼羅と胎蔵界曼荼羅は、共に室町時代中期の制作で、大日如来光背に古代・奈良時代のとも色を淡色から濃色に並列して、色彩の濃淡の変化をあらわす繧繝彩色、日本画のぼかしの技法が使われる。

定朝様式と繧繝彩色

〒732-0068 広島市東区牛田新町3-4-9

TEL:082-221-6923

Tags : 不動院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です