蘇梁館

viewImage-85jal

蘇梁館

江戸後期から明治期にかけて行われた北前船交易で、隆盛を極めた船主たちの中でも最大の勢力を誇っていたのが久保彦兵衛家。当屋敷は6代目彦兵衛によって、橋立の海を見渡せる小高い丘の上に天保11年(1841)に建てられた。当時、大聖寺藩から拝領した松材が「梁」として使用されており、藩の久保家に対する厚遇ぶりが伺われる。平成12年から3年間にかけて大聖寺に移築復元され、梁を蘇らせたという事で「蘇梁館」と名付けられた。

蘇梁館

〒922-0842 石川県加賀市熊坂町ハ28-3

TEL:0761-72-5350

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です