Home 古代の美 北海道・東北 青森 弘前市立郷土文学館

弘前市立郷土文学館

iconjal

弘前市立郷土文学館

築城400年の弘前城公園追手門広場にある文学館。平成2(1990)年に開館した当館には、明治33(1900)年、弘前市の商家に生まれた作家、石坂洋次郎の常設展示室「石坂洋次郎記念室」がある。綺麗なサラサラした砂地に花は咲かず、思い通りにならぬ陰怩たる経験が後日大きな花を咲かす。若い人、大きな未完を!

石坂洋次郎記念室

〒036-8356 青森県弘前市大字下白銀町2-1

TEL:0172-37-5505

東博百選

土偶 青森県つがる市木造亀ヶ岡出土

東京国立博物館

iconjal

土偶 青森県つがる市木造亀ヶ岡出土

縄文時代の早期に出現した土製の焼き物土偶には、女性を誇張あるいはデフォルメした像が多い。この土偶は中空に造られ、眼鏡をかけているように大きく表現された目に特徴がある。北方民族のイヌイットが雪中の光除けに着用した「遮光器(しゃこうき)」に似ていることから「遮光器土偶」と呼ばれ、東北地方の晩期土偶の特色となっている。

土偶 青森県つがる市木造亀ヶ岡出土

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

TEL:03-3821-9270(総務課)

畿内七道

つがる市 ベンセ沼

iconjal

つがる市 ベンセ沼

遮光器土偶」出土の青森県つがる市木造亀ヶ岡から車で15分程にある海岸低層湿原の南限で、貴重な約23ha湿原地帯。湿原は、6月ニッコウキスゲの群落で黄色に、10月ノハナショウブの群落で紫色に彩られる。海岸近くに湿生植物群が存在するのは大変珍しく、北海道の北東部と、本州ではこの一帯の湿原に限られる。

ベンセ沼

〒038-3283 青森県つがる市木造館岡

TEL:0173-42-2111(つがる市商工観光課)

千夜千冊

蝦夷 ( えみし )

蝦夷とは北海道アイヌのことではない。東北民のことで、ヤマト朝廷の名付け。朝廷は、東北に進出し親政府的な蝦夷の集団に影響力を強くし、城柵を設置し郡を置く。強行派の蝦夷は、巧みに他の地域に強制移住。本書は日本国家論の原点としてエミシ論を綴る。

文責:旅鶴編集室

千夜千冊

高橋崇
中央公論社(中公新書)

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です