佛山寺

iconjal

佛山寺

金鱗湖から500m、由布岳(ゆふだけ)の守り本尊・佛山寺。金鱗湖に浮ふが鳥居は明治政府の神仏分離で移されたが、当寺のものである。千年前、性空上人(しょうくうしょうにん)が由布岳の山腹に庵を結び、観音像を刻し祀ったのが当寺の始まり。江戸時代慶長期の大地震で由布岳の山腹から移る。毎週土・日早朝、誰でも参加できる座禅会や写経会が開催される。

湖面の鳥居

〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上1879

TEL:0977-84-2714

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です