多度の古い町並み

iconjal

多度の古い町並み

古代から畿内と東山道をつなぐ交通の要所、桑名。江戸時代、木曽からの木材や美濃・飛騨の天領から物資が集まり、江戸への中継地として栄える。その町並は伊勢湾台風以後桑名市街では失われたが、多度町には残る。当地は人々が農耕に恵みの雨を乞い、暮らしの平穏を祈る昔から神の山とされた標高403mの多度山に護られる。

多度山

〒511-8601 三重県桑名市中央町2-37

TEL:0594-24-1231

東博百選

三菱一号館美術館

iconjal

三菱一号館美術館

当館は、英国人建築家ジョサイア・コンドルによって設計され、1894(明治27)年に竣工した三菱一号館を、創設当時の姿に、可能な限り忠実に復元し開館。建物と同時代の19世紀近代美術を中心に企画展を開催。

三菱一号館美術館

TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2

畿内七道

六華苑

iconjal

六華苑

木曽・長良・揖斐の三川河口にある桑名は、室町時代は堺と同じ自由都市だった。江戸時代は、熱田神宮の宮宿と結ばれ宿場町。明治時代、米穀業などで栄えた諸戸家二代目清六は、ジョサイア・コンドルに木造ルネサンス様式の洋館を依頼する。広大な敷地に建造物群と庭園で構成された邸宅は、創建時の姿を残し公開されている。

洋館

〒511-0009 三重県桑名市大字桑名字鷹場663-5

TEL:0594-24-4466

千夜千冊

日本創業者列伝

日本創業者列伝明治2年、横浜に書籍や医薬品を輸入販売する丸屋商社が設立され、福沢諭吉に学んだ創業者早矢仕(はやし)有的(ゆうてき)は、「日本人であるかぎりは日本全体の繁栄をはかり、日本国民の幸福を助成すべき責務がある」との設立趣意書を残した。それが今の丸善となる。

文責:旅鶴編集室

千夜千冊

高橋崇
中央公論社(中公新書)

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です