瑞龍寺

iconjal

瑞龍寺

加賀藩御大工、山上善右衛門力作の当仏殿は、中国明代の釈迦・文殊・普賢三尊を祀る、木目の美しい総欅造。屋根は金沢城石川門と同じ鉛葺(ぶき)。内部の軸組は、禅宗様建築の純粋な形式で複雑にして妙。前田利長の菩提寺として当寺を建てた第3代藩主利常は、秀忠の娘を正妻とし、妹の東福門院を通じ、京の黄檗宗文化に接した。

近世禅宗様式

〒933-0863 富山県高岡市関本町35

TEL:0766-22-0179

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です