氷見市立博物館

iconjal

氷見市立博物館

東に富山湾を臨む当館。天平時代万葉集編纂の大伴家持が「麻都太要(まつだえ)の浜行き暮らしつなし捕る氷見の江過ぎて」と詠んだ氷見。当館では大境洞窟ジオラマ、古墳副葬品、中世石塔・山城、木造和船・漁具、移築民家と並べられた懐かしい道具、獅子舞コーナーで、氷見の縄文から近現代に渡りわかりやすく紹介する。

大境洞窟ジオラマ

〒935-0016 富山県氷見市本町4-9

TEL:0766-74-8231

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です