徳島県立博物館

iconjal

徳島県立博物館

秀吉の四国征伐後播磨龍野より阿波に入った蜂須賀氏は、特産品となった藍を専売化して藩の経済を確立。藍は吉野川流域で生産され、藍玉として全国に出荷。この蜂須賀家と藍(あい)商人の経済力に支えられて、16世紀に兵庫・西宮神社で琉球の三味線を取り入れ誕生し、淡路島に伝播した人形浄瑠璃が、阿波で力強い芸風に育っていく。

阿波人形浄瑠璃

〒770-8070 徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園

TEL:088-668-3636

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です