平家屋敷民俗資料館

iconjal

平家屋敷民俗資料館

吉野川と祖谷川の間にある当館は、平家の都落ちでは安徳帝と共に屋島に逃げるが、平家滅亡後、残党と共に祖谷に入山した堀川内記を紹介。内記は、平清盛息女・建礼門院徳子が母であり、平家一門が擁立した安徳帝の御典医として宮中に仕えた。都と全く異なる厳しい自然環境を乗り越えられたのは、内記のしなやかな見識による。

堀川内記

〒778-0105 徳島県三好市西祖谷山東西岡46

TEL:0883-84-1408

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です