金刀比羅宮

iconjal

金刀比羅宮

古来より象頭山中腹鎮座の当宮は、江戸時代幕府の祈願所となり、江戸庶民は競い「こんぴらさん」へ詰めかける。実現したのが第10代金光院別当宥存(ゆうぞん)。少年期に京で若冲に師事と伝えられ、時代の魁となる本モノを見極める目を持つ。表書院5間に天明~寛政期円山応挙晩年の、パリでも高い評価の障壁画を飾る。

表書院障壁画

〒766-8501 香川県仲多度郡琴平町892-1

TEL:0877-075-2121

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です