茶室・明々庵

iconjal

茶室・明々庵

当茶室は、宍道湖北畔に松江城がそびえ天守閣を望む高台に佇む。茶道を通じて芸術文化の発展の基礎を築いた松江藩7代藩主松平不昧ゆかりの古庵である。その借景は松江城で、その景観はいにしえのよろずの神々が訪れるがごとくの余白とする。不昧の茶室内の引き算の美は、室外に遠大に転換するうつろいの美をまた準備する。

不昧の引き算の美

〒690-0888 島根県松江市北堀町278

TEL:0852-21-9863

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です