一條神社

iconjal

女郎ぐも相撲大会

夏休みの子供の伝統行事。神楽舞台で、“ひもし”という横棒の土俵の下に水を張る入れ物を置く。落ちたクモが水を嫌がり、再び土俵へ登って闘う。水に落ちたら負け。室町時代、前関白一条教房(いちじょう のりふさ)は応仁の乱を避け、荘園領地土佐中村に移る。伴した女性達はこの宮中の遊び「女郎ぐも相撲」を伝えた。教房は地元に慕われ、一條神社を建立。

女郎ぐも相撲大会

〒787-0001 高知県四万十市中村本町1-3

TEL:0880-35-2436

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です