島原城天守閣

iconjal

島原城天守閣

1633年20年地下活動を続けた日本人中浦神父が長崎に殉教し、日本のカトリック信者にとって、プロの宗教指導者がいなくなる。1637年島原の乱は事実上、大阪夏の陣後の藩主松倉勝家父子の圧政への一揆。白く輝く島原城の五層天守閣は歴史資料を展示。指導者不在でも信仰の灯を絶さぬためのマリアに擬せた慈母観音像。非合理でも一途なる美を表す。

マリア観音像

〒855-0036 長崎県島原市島原市城内1-1183

TEL:0957-62-4766

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です