Home 文化施設 庶民の美 九州 佐賀 柿右衛門古陶磁参考館

柿右衛門古陶磁参考館

iconjal

柿右衛門様式

有田町で1616年に日本で初めて磁器生産が始まる。その後、初代柿右衛門が赤絵付けに成功し、柿右衛門様式が確立。特徴は「濁手」と呼ばれる米のとぎ汁のような柔らかく温かみのある乳白色の素地の上に、余白を十分に残した明るく繊細で絵画的な構図。 当館では、姉妹都市マイセンが常に目標とした柿右衛門様式を堪能できる。

柿右衛門様式

〒844-0018 佐賀県西松浦郡西松浦郡有田町南山丁352

TEL:0955-43-2267(柿右衛門窯)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です