唐津市菜畑遺跡

iconjal

末盧館

唐津市街地西側の国内最古級の水耕稲作遺跡。衣干山(きぬぼしやま)からの低丘陵先端部に位置し、松浦川が形成した砂丘の後背湿地であったと考えられている。炭化米が縄文晩期の土器片と一緒に発見される。末盧館では、縄文時代から黒潮でつながりあう大陸からの稲作の伝播とその発展を、豊富な資料でわかりやすく紹介する。

末盧館

〒847-0844 佐賀県唐津市菜畑3359-2

TEL:0955-73-3673(末盧館)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です