唐津城

iconjal

松に鶴の城

当城は関が原後、慶長13年(1608)年に豊臣秀吉が130以上の諸侯を集めた名護屋城の解体資材を利用したという。初代藩主で、秀吉の側近、寺沢広高が築城。唐津市街北部、満島山に本丸を配し、松浦川の流れを変えて縄張りを行い、砂州を利用し、堀と石垣によって二の丸、三の丸を作り、防御と舟運の便を図る。天守台のある本丸、満島山を鶴の頭とし、東西に延びる松を植えた砂浜を両翼に見立て、別名「舞鶴城」とも呼ばれる。後に東側の松原は、植林が続き黒松百万本とも称される国の特別名勝「虹の松原」となる。

松に鶴の城

〒847-0016 佐賀県唐津市東城内8番1号

TEL:0955-72-5697

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です