古代の森会館

iconjalgotokyo_online

古代の森会館

標高284mの鏡山の麓、神功皇后が半島に赴く際に、戦勝祈願で鏡を奉納したと伝わる鏡神社近くにある当館。国内最古級の水耕稲作遺跡の菜畑遺跡、古墳時代初期の最古級の前方後円墳の一つの久里双水古墳をはじめ、古代を豊かに伝える唐津の主要遺跡からの出土品を展示し、魏志倭人伝の末盧国、奈良時代松浦郡の実像を伝える。

古代の森会館

〒847-0000 佐賀県唐津市鏡1826-2

TEL:0955-77-0510

東博百選

銅鐸(どうたく) 青銅製 伝香川県出土
弥生時代(中期) 前2—前1世紀 東京国立博物館蔵

iconjalgotokyo_online

弥生文化を特徴づける国産の青銅器。 表面に区画され、鋳出された原始の絵画。 再生や生育と関連する、シカやウミガメ、トンボや動物等が描かれ、農耕祭祀と深い関わり。同じ絵画を持つ銅鐸(兵庫県桜ヶ丘4・6号銅鐸)が存在する。 弥生時代のテーマは、再生産。

菩薩半跏像

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

TEL:03-3821-9270(総務課)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です