岩熊井堰

iconjal

頭首工

この井堰は、河川の流水を用水路に引き入れるための頭首工だ。江戸時代、水が乏しく「ひばりの巣」と呼ばれた当地を、延岡藩家老藤江監物が10年の歳月をかけて洪水を溢れさせて防ぐ機能と、用水路を組み合わせた河川土木工事で肥沃な土地へと転換する。150石の米の収穫量が755石になる。水はあった、調整がなかった。

頭首工

〒882-0006 宮崎県延岡市幸町3丁目4420 JR延岡駅構内

TEL:0982-32-3706(延岡観光協会)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です