宮崎神宮

iconjal

朔日餅

宮崎神宮の創建は、神武天皇の孫にあたる阿蘇神社祭神、健磐龍命(たけいわたつのみこと)によると伝わる。宇佐八幡宮に仕える社人で、日向国の荘園領主の土持(つちもち)氏が鎌倉時代に社殿を奉納し、江戸時代、徳川幕府譜代延岡藩主の内藤家が篤く信仰した。宮崎神宮の名物、参拝餅は、神武天皇が日向市の美々津の浦から東遷の際、村人が献上した小豆をつきまぜた餅に由来。幸餅として人気。

朔日餅

〒880-0053 宮崎市神宮2丁目4-1

TEL:0985-27-4004

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です