Home 文化施設 いのりの美 九州 長崎 平戸ザビエル記念教会

平戸ザビエル記念教会

iconjalgotokyo_online

平戸ザビエル記念教会

平戸で一番の景観は、寺院とともに見える当教会のモスグリーンの外壁に複数の白い小尖塔と十字架だ。平戸港に面する当教会は、ザビエルがポルトガルの商船で、鹿児島から上陸した天文19(1550)年を記念する。内部は飛梁(とびばり)の真白な漆喰仕上げのコウモリ天井と真紅の絨毯(じゅうたん)が、また新たな生きる意志を伝えている。

コウモリ天井と真紅の絨毯

〒859-5152 長崎県平戸市鏡川町269

TEL:0950-22-4111(平戸市役所)

東博百選

海磯(カイキ)鏡 法隆寺献納宝物(ケンノウホウモツ)
中国・唐時代または奈良時代 8世紀 東京国立博物館蔵

iconjalgotokyo_online

海磯鏡

法隆寺献納宝物の中の2面の鏡。 ともに光明皇后(701-760)が、天平8(736)年2月24日聖徳太子忌日に法隆寺に奉納した、よく溶かした、青銅より硬い白銅で鋳造した大型鏡。 優れた鋳造で、皇后の太子への畏敬を表す。 鏡の裏面のデザインは、四方に、険しい山に樹林、岩に座る人に獅子と鹿、鳥、波間には釣りする人を表す。中国風。

海磯鏡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です