明星院 護摩堂

iconjalgotokyo_online

明星院 護摩堂

遣唐使日本最後の寄港地五島で最も歴史のある寺、明星院。大同元(806)年空海が唐からの帰り、唐で修めた密教が国家や民衆のために役立つように当寺で祈願した。 護摩堂には、文化財指定の二仏が安置。平安末期作と推定の和様の木造・阿弥陀如来立像と、飛鳥時代作と推定の中国北魏様式の重要文化財銅造薬師如来。現在は秘仏。

阿弥陀如来立像

〒853-0042 長崎県福江市吉田町1905

TEL:0959-72-2218

東博百選

斑鳩(イカルガ)
GO TOKYO ONLINE ロケ地

iconjalgotokyo_online

山野行楽図屏風 与謝蕪村筆

世界遺産法隆寺は、松の緑が美しい矢田丘陵を背に、大和平野を見渡す斑鳩の宮(イカルガノミヤ)に接して、聖徳太子によって607年頃に創建。 斑鳩は、大和川の水運で難波とつながる都市として設計。また飛鳥と法隆寺をつなぐ太子道(筋違道スジカイミチ)は、北北西に20度ズレ、真っ直ぐに延びる道。 —川と道の豊穣を生み出すクロス(交差)。 おおいぬ座のシリウスは、太陽に次いで明るく見える星。古代ソポタミアやペルシャでは、冬至の日に、豊穣を司る水の神星、シリウスと正対する北北西に20度上に神殿都市が作られた。

山野行楽図屏風 与謝蕪村筆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です