Home 昭和の謎解き 日立の電気冷蔵庫

日立の電気冷蔵庫

「観瀾亭」とかけて、「日立の電気冷蔵庫」と解く。
その心は、「高級感と清涼感」

日立の電気冷蔵庫宮城県松島町にある「観瀾亭」は、伊達政宗が豊臣秀吉から伏見桃山城にあった茶室をいただき、この地に運んで移築再現した建物。

日立の電気冷蔵庫昭和30年代、家庭では電気冷蔵庫が三種の神器のひとつとされた。

©要確認(日立)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です