愚管抄

愚管抄関白藤原忠通の子供で、比叡山で天台座主となり、摂関社会と仏教社会の両方の頂点に立った慈円。後鳥羽院と鎌倉幕府が対立する中、日本の歴史を綴る。怨霊の歴史も入れ、中国的な「歴史」だけでなく、日本的な「風儀」、ならわしを通して、そうなる道理や筋を記す。歴史は相対的に生起し消滅する変化がおこるものとする。?

文責:旅鶴編集室

千夜千冊

慈円
岩波文庫

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です