Home 千夜千冊 夜明け前

夜明け前

夜明け前ひたすら木曽路の馬籠(まごめ)の周辺にひそむ人々の生きた場面だけを扱って、日本の近代文学史上唯一の実験を果した作品。われわれは半蔵の挫折を通して、日本の意味を知る。その実験とは、いまなお日本人が避けつづけている明治維新の意味を問うというものだ。

文責:旅鶴編集室

千夜千冊

島崎藤村
新潮社 文庫

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です