焼石岳

iconjal

焼石岳

岩手、秋田両県にまたがる標高1548mの焼石岳。ブナの原生林に覆われ、高山植物が豊富に生息する。登山道は時に雪解け水で川のようになる。豊富な水で山腹には湿原や池沼が多く、見事な花畑を展開する。山頂近くで日本アルプスでも見られる高山植物が咲く。標高1000mでも、東北の緯度の低さが花の宝庫を生むのだ。

標高1000mの花畑

岩手県奥州市胆沢区若柳字上土橋139

TEL:0197-46-0360(胆沢まるごと案内所)

東博百選

岩手県立博物館

iconjal

岩手県立博物館

岩手山は、古くから信仰の山。山頂には石仏が置かれ、山麓には神社が建てられる。岩手県立博物館の2階には、晴れた日にその美しい岩手山が見え、盛岡市千代森遺跡から出土し、ほぼ完全な形で復元され展示される遮光器土偶とかさなりあう。当館1階では、地球史の中の岩手の自然、動物の進化もわかりやすく展示紹介。

千代森遺跡遮光器土偶

〒020-0102 岩手県盛岡市上田字松屋敷34

TEL:019-661-2831

畿内七道

早池峰神社

iconjal

早池峰神社

花巻市から早池峰山(1917m)を結ぶ直線上の麓にある当社は、古くから早池峰山信仰と重なり、神仏習合の歴史がある。ユネスコの無形文化遺産に登録された早池峰神楽は、勇壮な岳神楽座と優雅な大償神楽座の総称。舞で使う山の神の面が、大償神楽では「阿」、岳神楽は「吽」の形。拍子は大神楽が7拍子、岳神楽が5拍子。神の山の歴史を、神楽の習合がまた伝える。

早池峰神社

〒028-3201 岩手県花巻市大迫町内川目第1地割1

TEL:0198-48-5877

千夜千冊

日本の深層

日本の深層芭蕉が「閑さや岩にしみ入る」を詠んだ山形・山寺。立て岩を崇拝し、また奥の院に幼ない時になくなった子供たちを結婚した若い夫婦として描いた絵馬が納められる。これは東アジアにも見られる風習。梅原は芭蕉の旅の意図が日本の深層への旅だったと思えた。

文責:旅鶴編集室

千夜千冊

梅原猛
集英社(集英社文庫)

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です