Home イベント情報 特別展 『国宝』 (10/3〜11/26)

特別展 『国宝』 (10/3〜11/26)

尾形光琳筆の国宝、「燕子花図屏風」の初の里帰り実現!大正時代のはじめまでは京都・西本願寺に所蔵されていましたが、大正2年に売立に出され、以降は鉄道王・根津嘉一郎の所有となり、根津美術館にて多くの人々を魅了してきました。100年以上の時を経て、京都の地に戻ってきます。

関連施設

京都国立博物館-国宝 藤原道長金銅経筒 金峯神社蔵

iconjal

京都国立博物館

当館は、1897(明治30)年に帝国京都博物館として、宮廷建築家片山東熊による洋風平屋建ての設計で開館。寛弘4(1007)年、藤原道長が金峯山に参詣し、山頂に埋納した法華経などの経巻を入れた後一条天皇誕生のきっかけとなる最古の経筒など、特に平安から江戸時代の都の文化を示す文化財が多く紹介展示される。このように当館では、国宝や重要文化財を含む他施設の貴重な所蔵品も、安全に保管管理している。この受託業務も重要な役目のひとつである。

国宝 藤原道長金銅経筒 金峯神社蔵

〒605-0931 京都市東山区茶屋町527

TEL:075-531-7716

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です