Home イベント情報 『新・桃山展ー大航海時代の日本美術』(10/14〜11/26)

『新・桃山展ー大航海時代の日本美術』(10/14〜11/26)

本展では鉄砲伝来(1543年)から鎖国完成(1639年)までの約1世紀に、日本がアジアやヨーロッパと繰り広げた交流の歴史を、華やかな美術とともに紹介します。三人の天下人_織田信長、豊臣秀吉、徳川家康_を各章の案内役にすえ、彼らの時代を彩った名宝を対外交流という観点から見直します。

関連施設

九州国立博物館

iconjal

九州国立博物館

当館は、2005(平成17)年に福岡・太宰府天満宮所有の丘陵地に、日本とアジアの交流の歴史を伝える博物館として開館。右隻(うせき)には日本に到着した黒い南蛮船と南蛮寺に向かうカピタン・モールの一行を描いた大変珍しい唐船・南蛮船図屏風などの名品多数展示。

唐船・南蛮船図屏風

〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4-7-2

TEL:050-5542-8600(NTTハローダイヤル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です