Home イベント情報 特別展『唐代胡人俑–シルクロードを駆けた夢』(12/16〜3/25)

特別展『唐代胡人俑–シルクロードを駆けた夢』(12/16〜3/25)

唐時代(618-907)は中国史上でかつてない繁栄を見せ、都の長安は国際都市として世界各地から様々な文物が集まりました。本展では中国甘粛省の慶城県博物館が所蔵する約60点の作品の展示により唐代胡人俑の魅力を紹介します。斬新な唐代胡人俑を通してシルクロードを駆け巡った胡人たちの息吹を感じていただければ幸いです。

関連施設

大阪市立東洋陶磁美術館

iconjal

大阪市立東洋陶磁美術館

当館は、韓国陶磁、中国陶磁を中心に国宝2点を含む約6000点を所蔵する。中国元時代の名品、国宝 飛青磁花生。器表に鉄斑を散らし、青磁釉をかけ焼成。ほっそりした頸と豊かに膨らむ胴部が好対照の玉壺春といわれる元時代に流行した容姿が美しい。釉色は、少し黄味が増す青磁。大阪鴻池家に伝来の名品。

国宝 飛青磁花生 龍泉窯青磁

〒530-0005 大阪市北区中之島1-1-26

TEL:06-6223-0055

Tags : 博物館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です