Home イベント情報 仁和寺と御室派のみほとけ(1/16〜3/11)

仁和寺と御室派のみほとけ(1/16〜3/11)

御室桜で知られる仁和寺は、光考天皇が仁和2年に建立を発願し、次代の宇多天皇が仁和4年に完成させた真言密教の寺院です。仁和寺では現在、観音堂の解体修理が行われており、観音堂は修業の場であるため、非公開ですが、本展覧会では33体の安置仏を展示するとともに、堂内の壁画を高精細画像によって再現して.一般にはふれることの出来ない堂内の厳かな空気を体感して頂けます。

東京国立博物館 平成館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です