Home イベント情報 『沖縄が誇る家宝の三線展』(2/5〜3/10)

『沖縄が誇る家宝の三線展』(2/5〜3/10)

「琉球三線楽器保存・育成会」の創立30周年を記念して、同会の主たる活動である三線鑑定会と文化財として三線の普及啓発を図ってきた当館(前身の沖縄県立博物館)の足跡をたどります。当館支援により、30年にわたり開催してきた三線鑑定会の中で見出され、ウチナーンチュが大切にしてきた「家宝三線」の紹介を中心に展覧会を開催します。

関連施設

沖縄県立博物館・美術館

iconjal

沖縄県立博物館・美術館

当館は、2007年に新設された県立美術館を含む複合施設。美術館のコレクションは、沖縄出身者と沖縄にゆかりのある美術家などの作品を中心に、沖縄を取り巻くアジア諸国の現代美術も網羅し、世界でも、ここでしか見ることの出来ない展示である。県内作家で著名な、戦後草創期の画家たちの作品。1938年に来沖した藤田嗣治の沖縄を描いた作品。数百年間続いた琉球王府の絵師が、琉球処分で野に下って以来の沖縄美術の復活、発展、など。

オキナワの美

〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3-1-1

TEL:098-941-8200

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です