Home イベント情報 『国宝の殿堂 藤田美術館展 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき』(4/13〜6/9)

『国宝の殿堂 藤田美術館展 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき』(4/13〜6/9)

大阪市の中心部にある藤田美術館は、国宝9件、重要文化財53件を含む世界屈指の日本・東洋美術のコレクションを所蔵する美術館です。
このたびの展覧会は、2022年春に予定されるリニューアルオープンの準備に向けて現在休館している藤田美術館の名品を奈良国立博物館の全展示室を利用して紹介するかつてない規模の展示となります。

関連施設

奈良国立博物館

iconjal

奈良国立博物館

奈良国立博物館は、1895(明治28)年に帝国奈良博物館として開館 。なら仏像館(旧本館)は開館当初の建築で、宮廷建築家片山東熊の設計。年一回(秋)の正倉院展の会場でもあり、仏教美術を中心に貴重な文化財を展示紹介。少年のような可憐な表情をもつ十一面観音像。承久3(1221)年仏師善円の造立で、春日大社の本地仏として制作されたと思われる。

善円作 十一面観音立像

〒630-8213 奈良市登大路町50番地

TEL:050-5542-8600(NTTハローダイヤル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です