Home イベント情報 特別企画『奈良大和四寺のみほとけ』(6/18〜9/23)

特別企画『奈良大和四寺のみほとけ』(6/18〜9/23)

創建が7世紀末にさかのぼるとみられる岡寺は、日本最大の塑像、如意輪観音菩薩坐像を本尊とする観音霊場です。岡寺からはバラエティに富んだ仏像がお目見えします。この本尊の胎内仏だったという伝承のある重文菩薩半跏像は、目を伏して瞑想する様がまるで微笑んでいるようにも見える愛らしい像です。龍神信仰の聖地でもある、深山幽谷の室生寺からは、一木彫像の傑作の数々がお出ましになります。なかでも国宝十一面観音菩薩立像は、ふっくらとした頰が優しさを感じさせ、観音の慈愛を体現しているようです。

関連施設

東京国立博物館<本館>

iconjal

東京国立博物館

明治5(1872)年、湯島聖堂の大成殿で開催された博覧会を機に創立された博物館。奈良・法隆寺伝来の宝物など、受け継がれた文化財は国宝87件を含む11万件を超え、日本・東洋美術の流れを概観できる。日本の近代美術史研究を築いた岡倉天心は明治中期に博物館の美術部長であった。大正6年から11年には森林太郎(鴎外)が総長を務めた。

本館

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

TEL:03-3821-9270(総務課)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です